読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gyun*Gyun

録音やアレンジに使用しているSONARの事や日常の悩みなど

地震に関するチェーンメール

diary/雑記 earthquake/地震

「今回の地震により関東電力へ関西電力が電力の提供を開始してる」とメールを受け取りました。
また、メールには関西園の住民が節電をする事で助ける事が出来るからメールを広めて欲しいとの事が書かれていたので怪しく思いネットで調べたところ、某掲示板にて関西電力に問い合わせた方のコメントを見つけました。内容は、

「節電の呼びかけが書かれたチェーンメールが三通届いたので申し訳ないと思いつつ東京電力に問い合わせた。 オペーレータ曰く、現時点では関西電力に電力供給の申し出は行っていないし、供給要請をしてない 今60Hzエリアで節電しても50Hzエリアには余剰電力が届くことはない。とのこと。」

だそうです。(これに関する証拠はありません。)

また関西電力の公式サイトのトップには

「このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
当社は当社名で震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。」

と書かれていましたので、僕が受け取ったのはそのチェーンメールの可能性もあります。

また、毎日新聞社の「毎日jp」には「東日本大震災の影響による東京電力の電力供給不足を受け、関西電力は11日から火力発電などの出力を上げ、東電に電力を融通している。」とありますが、関西圏住人への節電の呼びかけも特に記されていません。

節電自体は良いことだと思いますが、今回のような事故の場合 連絡網が必要な人や機関にとっては大変重要な物ですので携帯電話等で非公式な情報(メール、ツイッターによるRT等)を一斉に送らないよう注意をするべきです。皆様も十分注意してください。

【2011/03/13 20:30追記】
関西電力サイトトップに地震に関する事で追記の記載がありましたので、転載しています。

================================================
○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

○今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

○当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]

○平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を
   東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設
   の容量には上限があります。
================================================
以上