読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gyun*Gyun

録音やアレンジに使用しているSONARの事や日常の悩みなど

入力デバイスPowerMateをsaiとsonarで使ってみた

gear.soft/機材・ソフト

saiユーザーの知人から「IllustStudio(セルシス社)に付属してくる入力装置がすごく便利そうだ」と聞いたので、他のメーカーからペイントソフトに便利なまたは特化した入力装置だけ発売されていないのかと思って調べてみました。

こちらがセルシス社の入力装置が付属されるバージョンのIllustStudioです。

左手でいとも簡単に画像を回したり拡大したりするのがとても楽そうで、CGを本格にやってたら僕も欲しくなるかもしれません。

調べてみると単品でも買える上に、単なるUSBの入力装置なので他のソフトでも使えるようです。
ちなみにコミックスタジオなどセルシス社製品を持っていると通常価格4500円のところを2000円で買えるみたいです。
いくつかのサイトでレビューを見ると絵師さんからは結構評判が良い。

で、僕はそんな安く買える事も他の製品で使えることも調べずにこっちが気になってたので、調べた結果こちらを購入。
SONARで使ってみたかったんです。

使ってみた感想。

持ってみた感想は重量があって机に置くとすごく安定しています。
底面がゴムなので操作中にぶれる事もありません。
IllustStudioの入力デバイスとの決定的な違いは持って操作するか、置いたまま操作するかですかね。
あと優しいブルーの照明効果が綺麗ですw

できる操作はソフト毎に登録する事が可能で、それぞれ6つの操作を登録する事ができます。

  • 押す
  • 長押し(専用ソフトで時間調整可能。)
  • 右回し
  • 左回し
  • 押しながら右回し
  • 押しながら左回し

saiの場合ショートカットをかなり自由にセットする事が出来るので、それに合わせた操作を登録すれば画像の回転や拡大の他、ペンの大きさを回転によってスムーズに変更する事が出来ました。


僕はこんなふうに登録してみました。

  • 押す→回転リセット
  • 長押し→思いつかなかったw
  • 右回し→一段大きいブラシサイズを選択
  • 左回し→一段小さいブラシサイズを選択
  • 押しながら右回し→画像を時計回りに回転
  • 押しながら左回し→画像を反時計回りに回転

saiの場合ショートカットの登録機能が便利すぎて必要ないと思う人も多いかもしれないけど、回転の速さで直感的に狙ったポイントへ合わせられるという点ではこちらの方が上だと思う。

sonarの場合は実はあまり思いつかなかったw

  • 回転→マーカーの移動
  • 押し回し→トラック画面やピアノロールでの拡大縮小

あとはほとんどキーボードショートカットに自分が慣れてしまっているせいか良い発想が無かった。
けど、こちらも直感的にマーカーを好きなところに移動できたり、拡大縮小出来るのはこちらの方が全然便利。
ちなみにVSTは全く動かせない。。

PowerMate (2010 pkging)

PowerMate (2010 pkging)