読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gyun*Gyun

録音やアレンジに使用しているSONARの事や日常の悩みなど

Style Dial FXの仕組み/SONAR

Style Dial FXの拡張子がFX Chainと同じだったので、中身は既存のプラグインかなと思ってたんだけど、やっぱりそうだった。

プラグインのプリセットファイルを整理してる時に、もしやと思い。
悪戯心で古いバージョンのSONARで開いたら正体が分かりました。

例えば、このリバーブプラグイン”SPACE”

f:id:syunkit:20160717024335p:plain

SONAR X3で開いたらこんな形になります

f:id:syunkit:20160717024448p:plain

あ、やっぱりReverbだw

f:id:syunkit:20160717024554p:plain

SPACEの1つのノブに対して"Sonitus fx Reverb"のツマミが連動していくつか動くようになっていました。

予想してたけど、あたかも新しいプラグインのように宣伝するのはどうなんだろう。。w

f:id:syunkit:20160717024900p:plain

新しいFX Chainは中身がわからないようなっていますが、これを古いSONARで開くと
(窓枠にあるデモソングタイトルが恥ずかしいw)

f:id:syunkit:20160717025019p:plain

合計6つの既存プラグインで作られていました。
公式のFX Chainは漁ってるだけでも面白いですが、中身をみるとエフェクトの使い方が参考になるので興味深いです。

 

f:id:syunkit:20160717032015p:plain

LA-2Aを真似してみました。(数値は実機のをネットで調べて参考にした。)

おまけにLoCutを入れました。

リダクションの値がわからないので使いにくい><