読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gyun*Gyun

録音やアレンジに使用しているSONARの事や日常の悩みなど

夢の中

僕が見る夢は割とリアルな方だと思う。
色はあるし、景色は自分目線で、痛みや暑さ気持ちよさ、くすぐったいとかの感覚がそのままだから。

一度だけ天国かなと思える所に行った事がある。
そこに入った瞬間、今まで感じた事の無い開放感を覚えた。
もし味わった事があって忘れていたのだとしたら母親の中にいた時の感覚なのかもしれない。それか、それよりもっと前か。
まぁ、とにかく衝撃的なほどの開放感があった。

 

よく聞く話だけど子供の頃は夢の中なら宙を飛べたのに、歳を増すごとにそんな夢は見れなくなった。
あの飛び方はどこで覚えたのだろうと思う。
この世に生まれる前は飛んで生活をしていたんだろうか。
それから、大人になって心の鎧がどんどん重くなってるような気もする。

 

子供の頃によく見た夢で、夢の中にしか存在しない友達がいた。
彼とは何をして遊んだのか全然覚えていない。一緒にいただけかも知れないし。
顔も声も覚えてないけど、多分会えばわかると思う。名前は〇〇君と呼んでた気がする。色んな事情で友達がいなかったので遊んでくれたのかもしれない。
ご先祖様?守護霊?宇宙人?

 また会えたら嬉しいけれど。