Gyun*Gyun

録音やアレンジに使用しているSONARの事や日常の悩みなど

syunkitのブログ gyun*gyunへようこそ!

ブログの紹介

このブログでは"syunkit-シュンキット-"のオリジナル曲や "iski-イズキ-(Vo)"さんとの音楽ユニット"iski & syunkit"の事、作曲や録音で使っているSONARの事、2010年にやってきた猫"デン"の事、最近始めたイラストの事を書いています。当事者からの観点で発達障害の事もすこし。


=iski & syunkit=(イズキ アンド シュンキット)

"iski & syunkit"はボーカルの"iski-イズキ-" とギタリスト "syunkit-シュンキット-" による音楽ユニットです。
主にニコニコ動画YouTubeへの投稿と、ネット配信で告知放送やたまに弾き語りをしています。
11/17「1stAlbum」Boothにて販売いたします。

www.youtube.com


Vocaloid Original Song

2014年までに公開したsyunkitのソロ&コラボ作品です。

代表曲「confused heart/Hatsune miku」
Lyrics:ShiYo / Music:syunkit / illustration:ほしあじ,トマボー,浅丸ひふみ(敬称略)
タレントの中川翔子さんが"しょこたんブログ"にて紹介してくださいました!ありがとうございます!

中川翔子 オフィシャルブログ Powered by Ameba

 他


楽曲提供、ギター演奏、ミックス、アレンジなど

TVアニメ「フリージング ヴァイブレーション」OP&ED
歌:鈴木このみ 作詞:畑 亜貴 作編曲:囚人
(ギター演奏とギターアレンジで参加)

FINAL FICTION/CLφSH/(96猫X囚人P) (ギター演奏とギターアレンジで参加)

Touch and Go!! / iski & syunkit

久しぶりに公開できました。

www.youtube.com

カバーをやった理由。

アルバムを出した後にオリジナル曲を作ってたんだけど例のごとく作詞で挫折しちゃって同時に僕の方はメンタルも落ちていたのでイズシュンやるモチベが2人とも下がってました。

何とかモチベを取り戻す為にとりあえず何かを始めたらモチベ戻るんじゃない?って事でオリジナルよりは製作工程が少ないカバー曲の製作をはじめました。

自分も公開する過程でアレンジや録音で作業が進むからモチベ戻るかなと思ってたんだけど、実際のところあまり戻らなくて作曲したい自分に気付いたっていう。
自分の場合はアレンジが楽しいのって作曲ありきなんだなと。

かと言って作詞が進まないとまた完成せずにモチベだけ削られていくので今後の事はいずきゃんと相談しなくちゃと思ってます。

作曲を休んでる間はゲームしてストレス発散&メンタル治したり、YouTubeで色んな曲を聴いてました。

今まで聴かなかったジャンルだとLoFiHipHopとかK-POP
今回の”Touch and Go!! ”はLoFiHipHopを意識しました。
あえて盛り上げないでBGMとして聴ける方向で。

K-POPは真逆なので製作もパワー使いそう
BlackPinkのKill This Loveむちゃくちゃかっこいい。

J-POPだと岡崎体育MONKEY MAJIKのコラボが今一番のお気に入りです。 

曲を聴きながら考えてること

その曲独特の雰囲気があると思う。疾走感や身体を動かしたくなるようなリズム、歌が無くても歌詞が英語でわからなくても、切なさや、優しさなど感じるものがある。

どこから来てるのか、どのアレンジがそういう雰囲気を出しているのか、どのトラックがそう感じさせてるのか、リズムだったりコードだったりメロディーだったり

目的やゴールがしっかりイメージ出来ていれば、教科書から方向性のちがうものをコピーしても間違いに気付くと思う。

けど、そういう事考え出した時に自然と出てきたメロディーとの折り合いをどうやってつければ良いんだろう。

 

 

近状とズーンの話し

あけましておめでとうございます
今年はマイペースですが作品をもう少し公開したいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

近状とズーンの話し。

※”ズーン”とは・・・(。•ω•。)
胸の辺りが変な感じになる。痛みや苦しさは無い。生きたいという気力が無くなる。なので死にたいという気力も無いけど生きたくないので”死にたい”という言葉しか見つからない。要するに”元気が全く出ない”感じです。数時間続くときや何日も続く時があります。
この症状が強くなると心がとても弱くなり他人への甘えが酷くなったり軽い動悸が起きたりします。

昔から、モチベーションはあるのに作曲ソフト(DAW)を開くと気分が沈んでズーンと堕ちてしまう症状が続いています。
このズーンはストレスを感じると症状が出やすいのですがDAWを開いてストレスになるという事は好きな事が出来ていないという事です。

特に需要を気にしたり他人と比べて作ってる事は無いと思うので自分の作りたい物を作れないジレンマがストレスなのかなと。
(もっと掘り下げるとそれは技術不足かも)

去年は普段のストレスをツイッターで何度も吐露してしまったりとかなり状態が悪かったです。今はゲームをしてストレス発散する事が多く、かなりズーンの回数も減って効果を実感しています。ツイッターでは皆さんの優しいリプに救われました。ありがとうございます٩(。•ω•。)و

ちなみにゲームはMMOなので対人トラブルもあったのですが他のユーザーさんに悩みを聞いてもらったり、ゲームの世界を共感してコミュニケーション出来るのがストレス発散になってると思います。

今後

いきなり本格的に作曲となると、また体調がおかしくなり周りに迷惑をかけかねないので少しずつ無理せず続けたいなと思ってます。
思っていますが、イズシュンのアルバムを完成出来た事は最後の曲から1年経っていた事もあり満足出来なかったので、2枚目は創作意欲が新鮮な状態で皆さんに届けたいと思っています。

なので目標は無理せず毎日コツコツで。

iski&syunkitのアルバムが完成しました!

iski&syunkitのアルバムが完成しました!

11/17(日)10時より下記のサイトから購入する事が出来ます。

https://iski-and-syunkit.booth.pm/

9曲中5曲が既存曲を少しミックスとアレンジを見直したもので、センチメンタルロジックは既に公開しているものと全く同じ音源です。(CD版だけ少し音質が良い)
なので新曲DL版だけ個別で購入出来るようにしています。
新曲の購入ページは当日公開予定です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

f:id:syunkit:20181114053548p:plain

f:id:syunkit:20181114053554p:plain

需要と個性

新しい物は受け入れられるから「新しい!」ってなるけど受け入れられない場合、受け手によってはただの変な物になってしまう。 けど実際は変だと思う人が多いほど新しいものだと思う。
だけどそれすら需要や人目を気にしてるうちに個性の無いつまらない物に変化していく。

そしてそれを作る目的が需要なのか、自分の好きなものなのかハッキリしていないとどっちつかずのわかりにくい物や中途半端なものになる。

例えそれが、オリジナルでなくて既に世に周知されたものを模範にした物でも好きなものは好きとハッキリ意識して進めれば、時間の経過と共に自分の個性は練り込まれていくような気がする。好きな部分を突き詰める事で「あの人とあの人の作品は似ているけれど、ここが明らかに違う」という部分が生まれてくる気がする。